2017年01月25日

離婚調停中の生活

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

妻が不倫し、行方不明から戻って来た夜から…私たちの別居が始まりました😖

子供たちは既に、私の実家で面倒を母に見てもらっていたので…(育児放棄をして家出したのですから、この判断は仕方がなかったのです)

お互いの別居方法は、私は子供たちのいる実家へ、妻は私たちが暮らしていたマンションで住むことになりました。

荷物等もあるので、もちろん別居中でも妻が住んでいるマンションへは出入りは自由ということに決め…(お互いに顔を合わせるのも嫌だったので、私が出入りする際は一報連絡を入れてからという約束で)

妻は元々、専業主婦だった為、収入等は一切ありませんでしたから、別居中の生活費を月に一度渡すことでお互いが合意しました。(ちなみに、家のローン等と光熱費は別で6万円)

贅沢はしないという約束で、万が一不足の場合は追加として渡すという事にしていました😵

知人の話では、別居中一切の生活費を渡さずにいたら、調停で奥さんに請求されたと聞きました😞

これは法律で、夫婦の収入を合算した元に金額が決められているので、調停中であっても必ず渡さなければなりません。

もしも渡さなければ、審判離婚や裁判離婚で訴えられてしまいますのでご注意下さい💡

また調停員に対しても悪い印象を与えてしまいますので、離婚を勝利するにはちょっと不利になってしまいます😵

別居をするという事は、今までの生活費以上にかかってしまいます。(極端に言えば、倍近くの費用がかかると思って下さい)

離婚調停を考える前に、ある程度の生活の予算(約1年分)も視野に入れておいて下さい💡

離婚調停中に、別居の為に借金をしてしまう事になっては、もともこうもありませんので…😵

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

離婚後の苗字

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

離婚調停の中で話題になった一つに離婚後の妻の「苗字」をどうするかという話になりました。

私自身は、男ですし生まれてからの戸籍のままですので、養子になった訳ではないので当然そのままですが・・・😃

妻の場合、旧姓の戻すか、または今のままにするかが大きな問題でした。

私からすると、私の姓を名乗るよりは「旧姓」に戻して欲しいというのが本音です😠

ところが、妻は私と結婚する前に離婚経験があり、旧姓はその前の旦那さんの「苗字」だったのです😞

では、その前の親の苗字に戻せばいいのでは?という話になったのですが、実は2つ前の「苗字」には戻せなかったのです。(法律上)

結果的には親の姓には戻せなかったので話は流れたのですが、これまた親も複雑で苗字が4回変わっているものですから、その度に妻も「苗字」が変わってたらしく…😵

実際に、今回また変わるとなると7回目になるという話になってしまい、この話だけで調停に行ったのを覚えています😖

妻の立場からみると複雑で…ちょっと可哀想かなという部分もありました⤵

結論は、離婚後三ヶ月間のうちにどちらにするか決めればよいという事でしたので、本人がじっくり考えるということになりました。

幸い子供は私が引き取るので、子供の姓はかわりませんでしたので一安心しました。

その後、妻は前の旦那さんの姓に戻したと聞き、ちょっと複雑な気持ちにもなりましたが、こちらとしては良かったと思っています。

妻が子供を引き取る事になっていれば、そこは子供の将来を考えてあげなければならないと思います。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

離婚によって子供に与える影響

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

妻が男と浮気をし行方不明になる以前から、私達夫婦は子供に対する接し方を間違っていたのかも知れません😵

「夫婦喧嘩」は子供には関係ないと思っていましたが、子供からしてみれば親の喧嘩なんて一番見たくもないというのが正直な気持ちだったはずです。

まだ自分の意見を言えるような年齢ではなかったので、きっと心に受けたストレスは相当なものとして刻まれた事だと思います😖

協議離婚中も、子供達の前で大きな声を出したり…お互いの悪口を言い合ったり、しまいには親の悪口までに発展したりと⤵

そんな光景を子供たちは目の当たりにして、けして良い環境だなんて言えるはずもなく、きっとその影響でもしかすると将来、同じような繰り返しをしてしまうのかも知れません😞

今さら気が付いても仕方がない事ではありますが、あの時…少なくとも子供たちは親に預けるか、または私達が別な場所で喧嘩(協議離婚)をするかを考えるべきでした。

あの頃、毎晩のように子供達2人が「おねしょ」をしていたのは、きっと心に受けたストレスが原因だったと思っています⤵

成長期の一番大事な時に受けた親の影響力は大きいものだと…言葉ではわかっていたものの、いざ妻を目の前にしてしまうと憎しみしか出てこなく、子供の事は頭から外れていたのかもしれません。

離婚調停が成立し、子供たちを引き取ることになって3人暮らしを始め、だいぶ子供達も成長し、一人前の会話をするようになりましたが、覚えているのかわかりませんが、離婚当初の事は一切聞いてきません😵

子供達が成人するようになった時に、その時の私の気持ちをちゃんと話そうと思っています。

離婚は、その時だけで終わってしまいますが、家族(子供達)に与えた影響は一生付いてくるものです。

あの時…こうしておけばよかったでは遅いので、子供達に対する配慮は絶対忘れないで下さい。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする