親権は男性と女性どちらが有利?

2017年01月27日

親権は男性と女性どちらが有利?

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

離婚調停においての「親権」は男性(夫)と女性(妻)どちらが有利かといいますと、圧倒的に女性の方が有利です。

まだ自分の意思で「親権」を決める事ができない子供の親権を決める場合、父親と母親がどちらも「親権」を主張した時、一般的には「母親」が有利に決まっています😖

私たちのように妻が不倫して家出をしても、妻が「親権」を主張した場合は、妻の方が圧倒的に有利です😞

昔から女性が家事をして子供の世話をするという風習がある為「女性=子供の親権」というのが常識に思われているのかも知れません⤵

よほど母親が子供を虐待している事でもない限り、離婚調停の親権争いにおいては女性が有利とみられてしまいます。

幸いにも、私たちの場合は妻が育児放棄をし「親権むを主張しなかった為、私が「親権」を得ることができました😃

しかし最近では、女性もどんどんと社会で働くようになり、家庭を守るのが母親とは限らなくなってもきています。

「専業主婦」というよりも「専業主夫」も増えてきていますので、男性への親権の意識が変わってきてはいますが、まだまだ女性の方が有利なのかも知れません。

男性側に「親権」が有利になる為にも、しっかりと普段の子供の世話や実態をわかるようにして離婚に望まなければなりません。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。