離婚に対する両親の気持ち

2017年01月20日

離婚に対する両親の気持ち

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

何不自由もなく、ごく普通の両親(家庭)に育てられた私😃

方や妻の家庭環境は複雑で、母親は4度の離婚を経験し、四姉妹すべて父親が違うという真逆の環境😞

「子は親を見て育つ」という言葉ではありませんが、結婚当時から妻がよく発する言葉は「何かあったら離婚するから」でした😖

私自身、夫婦というものは生涯を共に過ごし、同じお墓に入るものだと親から教えられてきましたので「離婚」という世界は、ドラマの世界での話しくらいに思っていたのです。

妻の実家に遊びに行った際には、よく「何番目の父親は酒飲みだった」とか…「何番目の父親とは1年で離婚した」とか…そんな話しばかり聞かされていました⤵

その辺りから、私の「結婚」に対する考えと、妻の考えでは大きなズレがあったのかも知れません。

もちろん、私に魅力がなくて「浮気」されたと言われればそれまでではありますが…😖

私が、自分の両親に初めて「離婚」の話しを持ち掛けた時の2人の、その時の状況は…顔には出しはしませんでしたが「やっぱり…」という表情を浮かべていたのを今でも覚えています😵

それは、結婚を決めた時に物凄く反対されたからでした⤵

「あの子は…やめておきなさい…」

その頃は「その言葉」が私の耳には入ってこなかったのです…

反対を押し切ってまで決めた結婚…私にとって「離婚の報告」をするという事は、親に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした😖

一応、妻の母親にも報告をしましたが…それはそれは嬉しそうに「離婚調停で勝負しましょう!」みたいなテンションで、昨日までの関係が嘘のように、赤の他人状態で接してこられたのです😞

親にしてみれば、もちろん自分の娘が大切ですからね⤵

離婚調停が始まり、私の親は一切口出しはせず報告だけを待っていてくれたのですが、妻の母親は…話では「家庭裁判所」まで足を運んでいたと聞きました。

子供の離婚…その時、親という立場はどのうに対処するべきなのか、とても考えさせられました。

私の教訓ですが「離婚調停に親は必要ない!」と思います。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。