離婚調停で離婚が成立しなかった場合

2017年01月18日

離婚調停で離婚が成立しなかった場合

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

「離婚調停」での4回から6回の話し合いは、そう簡単にはスムーズにいくっていう訳でもありません。

いくら調停員が間に入ってくれてるからといっても、離婚調停では調停員が離婚の判決を下すことはできませんので、最終的には当事者(夫婦)本人達が決めることになります😖

どんなに話し合ったとしても、協議離婚も離婚調停も結論が出せなければ、それで夫婦間での話し合いは「終了」という形となります⤵

すなわち、どこかでお互いに妥協点を見つけなければ「離婚」は成立しないという訳です💡

但し、お互いに「離婚」をしたいという意志は固まっているのに、あと一歩折り合わず離婚が成立しないとういうこともあります👂

そんな時は、ごくまれではありますが、家庭裁判所の判断で「離婚審判」によって離婚を成立させる場合があります。(離婚審判の事例は全国的にもあまりないので参考までに…)

それは例えば、子供の養育費がお互いに譲れず金額が決めれないといった場合、家庭裁判所の「審判」によって金額を決めてしまい離婚を成立させるという場合です。

審判に不服がある場合は異議申し立てをすることができ、離婚審判を不成立にする事ができるので、あまり利用されることはないようです⤵

そこで、離婚が成立しなかった夫婦は「裁判離婚」という選択か…またはふりだしに戻り再び「協議離婚」という選択を選ばなければなりません。

裁判となると「法廷離婚原因」が必要となってますし、弁護士にも依頼しなければならない可能性もでてきます😵

そうなると費用の問題や、更に日数がかかってしまい精神的疲労も心配されることになってきます😞

私の経験ではありますが、あくまでも「離婚」は夫婦間の話し合いで決めるのが一番ですので「協議離婚」または「離婚調停」の段階で、お互いに冷静な気持ちで話し合う事が大切だと思います😃

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。