調停を申し立てる際の費用

2017年01月13日

調停を申し立てる際の費用

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

私が離婚調停を行うと決めた時に、真っ先に確認したのが「調停に必要な費用」でした。

「一体どのくらい必要なのだろうか⁉」

私の場合は、弁護士に依頼せず自分で申し立ての手続きを行ったので、まずは手っ取り早く家庭裁判所に電話をして費用について確認をしてみたのです。(それが一番確実です⤴)

家庭裁判所の窓口の方は、とても親切に教えてくれました😃

実際に家庭裁判所に収める費用は、印紙代と切手代を合わせて2,000円(印紙1,200円+切手800円/出頭の案内が郵送される時に必要な切手代として)です。

20170113.jpg

自力で申し立てする場合は、それ以外一切かかりません😃

費用は「調停申立書」を家庭裁判所に提出する時に必要となりますので、事前に用意をしておいて下さい。(今ならコンビニ等でも売っています⤴)

その2,000円の費用は申し立てる側(私達夫婦は私が負担)の負担であり、相手側(妻)には一切の負担はありません。

もし夫婦が合意の上で離婚調停をする場合、お互いに支払うのであれば半分づつ(1,000円)という事になります😵

他に必要な費用といえば、離婚調停が開始されてからのお互いの交通費くらいです。

基本的には、お互いの住んでいる近くの家庭裁判所に申し立てをするので、さほどの交通費はかからないと思います。

ちなみに離婚が成立した後に、その申し立てにかかった費用や交通費等は、調停に勝ったからと言って裁判ではないので相手に請求はできませんのでご注意を!

離婚調停前に、各所でも無料の相談窓口がありますので相談に乗ってもらうのもいいと思います。

申し立ての書類の書き方や離婚調停の相談は「家庭裁判所」の無料相談を利用されるといいでしょう。(費用の事についても詳しく教えてくれます😃)

更に、各市町村でも無料の「離婚相談窓口」がありますので、お住いの行政にお問い合わせしてみて下さい。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。