親権者とならなかった場合の子供との面会交流

2017年01月07日

親権者とならなかった場合の子供との面会交流

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
話し合い(協議離婚)で自分たちの事ですら何も決まらなかったのですから、子供の事となっては余計決まる訳がなかった私達夫婦⤵

育児放棄・家事放棄をした妻でしたので、どちらかが「親権」を取るかはすんなりと決まったのですが…(私が2人の子供を引き取りました⤴)

離婚後の子供達との「面会交流」については、これがまたお互いに譲れない話し合いとなってしまい、調停員を困らせていたのではないでしょうか😵

私の気持ちだけで言うと…離婚後は一切、妻には子供と会わせたくないと言うのが正直な気持ちでした。

ただそうは言っても子供からしたら、たった一人の実の母親。

妻からしても自分のお腹を痛めて産んだ子供と離れ離れになるとは辛い事だと思います。(その気持ちはわかりますけど…😖)

ただどんな場合であっても親子には「面会交流権」という法律が認められています。

離婚調停では、面会の方法・月に何回会うか・面会場所等を話し合いました。

参考までに、調停でも決まらなかった場合は「審判」となり裁判官に「面会交流」について決めてもらう事になりますので、なるべく離婚調停で決めてしまう事が時間が長引かないと思います。

それと調停や審判で「面会交流」を決める場合、家庭裁判所調査官による調査が行われる場合があります。

その場合、調査官が妻に対して「面会交流」に適していないと判断された場合は認められないことになります

私達の場合は、私が同席の上で月に1度、食事をしながら面会するという条件で決まりました。

やはり子供達にとっては、離れ離れになっても親は親ですから、離婚後の「面会交流」については真剣に考えてあげなければなりません。

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。