離婚調停の申し立ては誰がするのか?

2017年01月05日

離婚調停の申し立ては誰がするのか?

私が離婚調停で勝てた方法はこちら

協議離婚では話が進まず、離婚調停を行う事になった私達夫婦⤵

この時点で、お互いに顔を合わせる事も…口を利く事も、何もかも拒否反応を示していました。(何か一言でも話せば睨み合いになるくらいの最悪な状態💧)

そんな中でも1つだけ決めなければならない事があったのです💡

それはどちらが「離婚調停の申し立てをするか」でした。

離婚調停の申し立ては、夫婦どちらかが行わなければならず(第三者が提出することはできません)、家庭裁判所へ提出する書類の準備や戸籍謄本を取りに行ったり、色々と動かなければならない事がたくさんあります💦

お互いに仕事もあったので…この準備をすることにすら、口論になってしまうくらいでした。(ホント…もう修復不能って感じですね💢)

私の勝手な思い込みではありますが、裁判を例にあげると「原告」「被告」のように、イメージ的には「被告」の方が悪い事をしたって思ってしまいますよね?

離婚調停で言う「申し立て人」「相手側」も、なんとなく「申し立て人」の方がイメージが良いのかなって頭をよぎってしまったのです💨

そんな事を考える余裕なんて本当はなかったのに…結果、私が申し立てる事になりました😵

イメージだけにとらわれた訳ではなかったのですが、今後話し合いを円滑に進める為にも、相手の感情を逆なでせずにいる事も必要だったからです👊

私のように、ここまで神経質になる事はありませんが、離婚調停をスムーズに進めていく為にも、どこかで妥協点を見つけて離婚調停に望む事も必要です

私が離婚調停で勝てた方法はこちら
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。