調停員を味方にする方法

2015年08月22日

調停員を味方にする方法

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)

関係を修復するための調停ではなく、双方離婚を納得している場合の調停は、落としどころは「親権」もそうですが「お金」がほとんどですふくろ

「出来るだけ払いたくないexclamation」そして「出来るだけもらいたいexclamation

100%相手に非がある離婚原因でも、調停員は両立な立場を守りながら双方の話を注意深く聞いて、どちらの味方にもならないという前提で調停は進みます。

ちょっと悔しいですけどこれは仕方ないことですもうやだ〜(悲しい顔)

しかし担当の調停員や、相手の話によっては、相手側の優位に話が進んでしまうことも・・・がく〜(落胆した顔)

私の時も、相手が原因の離婚調停でしたが、始めは調停員は始終険しい表情で、口調も少し厳しく感じ、先行きがとっても不安になったものです・・・

そんな時、経験者の友人からもらったアドバイス。それは

「調停員さんへのあいさつ、感謝の言葉を必ず口にすること」

「よろしくお願いします」「ありがとうございます」「お手数おかけします」等々・・・

基本的なことではありますが、やはり調停員も人間です。

時に、「この人もしかして向こうの味方なワケ?」と感じるような言い方をされることもありますが(笑)

そんな時でも絶対にムッとしないで、少しくらい芝居がかっても良いからまっすぐ目を見て、事実と自分の思いを誠心誠意伝え続けましょうexclamation

そして、調停の始まりと終わり、部屋に入るとき出るとき、適度な笑顔でしっかりおじぎをしてあいさつわーい(嬉しい顔)

身だしなみも、清潔感はありながらも、あまりお金を持っているような印象にならない服装等を心がけますくつ

こんな単純なことでも、調停員の表情や話し方が変わって来るのがわかりました手(チョキ)

調停の後半は、「ご主人の言ってること、ちょっとおかしいね」「ここできっぱり決着つけて、あんな人早く忘れて幸せになりなさいexclamation」とまで言ってもらえるまでになったんですグッド(上向き矢印)

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 離婚調停さおり at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。