子供と別居と転校

2010年01月29日

子供と別居と転校

私が大切な子供の親権を勝ち取れた方法はこちらぴかぴか(新しい)

子供を連れての離婚や、離婚前の別居で考えなければならないことがあります。

それは、子供の学校の事です。

未就学児でしたら、何も気にしなくてもいいですが、子供によっては転校が嫌だという場合もありますよね。

■住民票を移すということ

離婚、もしくは離婚をする前提での別居中には、基本的には住民票を移しておく必要があります。

住民票を移して、住所が変わると、今通っている保育園、幼稚園、小学校、中学校が学区外か学区内かと言う問題が生じてしまうのです。

■子供が転校したくないと言っている

子供が転校をしたくないと言っているのであれば、住民票を移さないで置くことがいいでしょう。

極端に遠くなければ、別居先から学校に通うこともできます。

また、学校によっては、住民票を移して学区外となっていても、交渉次第ではどうにかなる場合があります。

住民票を移してしまう前に、学校に相談をしてみるといいでしょう。

とは言え、学区外となった場合には、子供を自転車や電車、バスなどで通わせるわけにもいかないでしょうから、毎日決まった時間に親が学校まで送らないとならなくなります。

ひとり親は、仕事に家事が大変忙しです。

離婚前でしたら、離婚の準備(協議、調停や裁判など)もありますから、子供の送り迎えは大きな負担となってしまう事を覚えておいてください。

■誰かを頼るのも手

子供が今の学校にそのまま通いたいと言っているのであれば、でいる限りかなえてあげたいのが親心というものです。

もし、子供の学校や、自分の仕事で不都合が起きなければ、実家や誰か頼れる人の近くに住むことが適切でしょう。

子供の送り迎えを手伝ってもらったり、家事を手伝ってもらったり、経済的にも助けてもらったり、甘えられる場所にいることがいいはずです。

様々な理由から実家にも相談できなくって、頼る人がいない場合には、民間のサービスを使うことができます。

婦人相談センターや、母子生活支援保護施設のようなところが、どこの自治体にもあるはずです。

ひとり親だと、思わぬトラブルが降りかかってきますが、行政のサービスは無料なり低価格なのでいろんな問題で困ったときに頼りになります。

まずは調べてみるといいかと思いますよ。

子供の転校は、子供にとって大きなストレスになる可能性もあるでしょう。

大人が思っている以上に、子供の社会は複雑です。

逆に、環境を変えたくって、「転校したい!」と思っている子もいるでしょう。

子供の気持ちについて、親が気づいていないこともありますから、まずは勝手に決めずに、子供と話し合ってどうしたいか考えてあげてくださいね。

私が大切な子供の親権を勝ち取れた方法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。