財産分与と住宅ローン

2014年01月14日

財産分与と住宅ローン

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)

マイホームを購入していた夫婦が離婚をする場合、住宅ローンが残っている場合は多くあります。

婚姻中に生活をしていたマイホームを離れる方は、この住宅ローンに関するお金がどうなると思いますか?

ローン付きの家債務者は、「今後も住宅ローンを負担はしないとならないのか」、そして「今まで支払っていた住宅ローン分を相手から返済してもらえるのか」気になるところではないでしょうか。ふらふら

ローン付きの不動産は、一般的に「不動産の名義も、ローン債務者も旦那側である場合」が多いかと思いますが、今後の家のあり方(誰の名義か、誰が住むか)によって、お金のやりくりが変わってくるので注意が必要となるのです。exclamation×2


■離婚後ローンが残るマイホームの行方

(1)売却する
この場合は、いたってシンプルでしょう。

まず、売却額から残りのローンの金額を差し引き、出た金額を夫婦それぞれが得ることとなるのです。

ただし、出てきた金額がマイナスとなれば、借金となりますが、債務者独自の負担となるとみなされることが多いでしょう。

不当なお金を請求されることがありますから、住宅ローンの残金は夫婦で折半とはならないという事を、覚えておいてください。

(2)夫が住む
今までのマイホームにそのまま住み続けることになるので、夫から妻にお金を支払います

計算方法は、不動産の時価からローン残高を差し引き、出てきた金額が財産分与の対象となります。

法律用語でいう、清算割合となって、お金を支払うことになります


(3)夫名義のまま妻が住む
この場合には、無償で家に住み続けるか、家賃を設定して妻から夫に支払いをすることになります。

めんどくさくない方法ですが、後あと問題が生じる可能性があります。

たとえば、夫がローンの返済を滞らせた場合や、夫が不動産を勝手に売却したりすると、妻は突然家を出ざる負えなくなります。がく〜(落胆した顔)

このため、出来れば、住む人の名義に変えておきたいものでしょうねexclamation×2

(4)妻名義に変更をして妻が住む
ローンの名義変更には、金融機関等の債権者の承諾が必要です。

お金の分け方に関しては、夫が夫名義のまま住み続けるのと同じく、妻が清算割合として夫にお金を支払うことになります。

しかし、ここで、いままで妻に安定した収入がなければ、妻がローンの負担はできません。

そうなると、ローンの返済は夫が引き続き行う事になります。


住宅ローンが残る物件に関しての財産分与は、良く問題にとりだたされ、なかなか厄介な問題です。

それに、今までの夫婦の支出状況などから、幾らほどが財産分与として考慮されるのか、割合などが変動することがあります。

細かくこだわるのでしたら、弁護士などに相談をするといいでしょう手(グー)

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。