婚姻費用分担請求調停

2012年10月18日

婚姻費用分担請求調停

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)

『旦那が生活費を払ってくれない』そんな悩みを抱えている人は少なくありません。

今後長引いていく離婚調停の中で、生活費をくれないと子供との生活は苦しくなる一方ですよね。

でも、大丈夫です。

そういった場合には、旦那から生活費を払ってもらえるようにしましょうexclamation×2


■生活費を出さないのは不法行為

別居をしていても、婚姻関係があるうちは夫婦という実態は変わりありません。

その為、仕事をしている(多く稼ぎがある方)は、収入が少ない妻に対して、生活費を支払う義務があるのです。

その為、生活費の支払いをしないことは、「悪意の放棄」といって、不法行為となる訳なのです

夫婦、それに子供が同等の生活をするのが当然ですし、生活費が無いからと言って、妻だけが質素な暮らしをするなんてあってはならないと思います。

私の場合にも、相手がずっと婚姻費用の支払いを拒否していました。もうやだ〜(悲しい顔)


■生活費と婚姻費用

この夫婦間での生活費の事を、法律用語で婚姻費用(略して「こんぴ」なんて言います。)と言われます。

旦那の方が稼ぎが多いという場合が一般的ですから、妻が旦那に対して請求するのは、当然の権利と言えるのです。

別居をする前も、した後も、生活費を支払わないというのは、妻や子供に対しての『嫌がらせ』と取られても仕方ありません。

もっと強く言えば、『犯罪行為』とも取れるわけです。ちっ(怒った顔)


■婚姻費用分担調停を申し立てる

では、「どうしたら支払いをしてもらえるのか」という疑問が生じますよね。ふらふら

離婚協議(離婚へ向けての話し合い)をしているけれど、一向に生活費を支払ってくれる気配がない場合があるかと思います。

そういった場合には、婚姻費用分担の調停を申し立てるようにしましょう。

婚姻費用分担の調停は、夫婦円満調停の一つで、離婚調停とは別に申し立てることができます。

取りあえず、離婚をするかしないかも定かでない場合にも、まずは生活費の確保をするために、婚姻費用分担の調停を申し立ててみるといいですよ

私も、まずは婚姻費用を支払ってもらわないと子供との生活が成り立たなかったので、婚姻費用分担の調停を申し立てました。


■婚姻費用分担の調停を申し立てる

婚姻費用分担の申し立てに必要な手続は、離婚調停と何ら変わりがありません。

申立書に必要事項を記入し、収入印紙と切手を添付するくらいです。

その他必要書類に関しては、申し立てを行う家庭裁判所に問い合わせてみるといいでしょう。


■婚姻費用分担調停で聞かれること

婚姻費用分担調停では、生活費を支払ってもらえるように調整することが第一条件です。

その為、それ以外の取り決め(慰謝料や財産分与など)に関して話し合いが行われることはありません。ふらふら

夫婦両方から事情を聴いて、解決のための話し合いがもたれます

調停では、夫婦の資産、収入、仕事、支出などの事情を聞かれるのです。

場合によっては、課税証明書などの収入の状況を示したものを提出するように求められることがあるでしょう。


■妥当額を知っておこう

旦那が生活費の支払いを拒否しても、そうはいかないことを調停委員は説得をしてくれるはずです

できるだけの金額をもらっておきたいところですが、お金がない人や支払いの拒否をしている人だと、最低限しか引き出せないことが多いと言えます。

妥当額の基本は、養育費+1万円〜2万円くらいです。

年収300万円の旦那と専業主婦だと、4〜6万円と言うのが妥当額となります。

調停を申し立てないと、生活費の支払いをしてくれないような人に請求しても、妥当額しかもらえない結果となってしまうかもしれません。

とはいえ、0よりはましなはずですから、まずは調停を申し立ててしっかりと支払いをしてもらえるといいですね。


私も、幾ら私や弁護士から説得をしても、婚姻費用の支払いを拒否していた元旦那でしたから、調停を申し立てました。

その結果、「妥当額なら支払ってもいい」と最終的には支払いに合意させることができたのです。


相手が生活費を支払ってくれないという場合には、婚姻費用分担調停を申し立てることをおススメします

離婚調停とは別に申し立てを行うことができますから、とりあえず先に申し立てを行うのもありですね。exclamation

私が離婚調停に勝てた方法はこちらぴかぴか(新しい)
posted by 離婚調停さおり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。